ゴミ捨てについて考える。大容量の理由。 | papperskorg

2016/10/17 12:02

ゴミ捨てに困っていませんか?
大抵の人は生きていたらゴミを捨てないといけません。

燃える、燃えない、ビン・カン、その他いろいろ。
 
最新のごみ焼却炉があったり、回収もこまめに来る地域はまだ良いのですが、細かい仕分けをしなくてはいけない地域も多いのではないでしょうか?

細かい仕分けが必要な場所に引越をしたりしたら大変です。
ご近所で、ゴミ捨て当番が決められていたりもします。

ちゃんと分別するために、ゴミ箱やビニール袋はどんどん増えていき、生ゴミ、紙ゴミ、ビニール、プラスチック、ビン・カン、ペットボトル・・・。
そのうち料理をしているのかゴミを分別しているのかわからなくなってしまったりして。


だからパペルスコルクのゴミ箱は大容量になりました。

臭いものにはフタをする。

一箇所にまとめて綺麗な箱に入れてフタをする。
そうするとインテリアの一部になります。

分別は必要に応じて2~4つまで分けることができます。もちろん、分別のサイズや個数などの改良にも対応しています。パッと開けて好きなように分別してスーッと閉める。
大容量のゴミ箱には、ゆっくり閉まるステーがついています。手を離してもスーッと静かに閉まります。

ゴミ箱の底にゴミ袋をしまっておくと袋替えも簡単で合理的です。
パペルスコルクのゴミ箱は、美しいだけじゃなくてとても機能的で便利なのです。