素材について *ステンレス | papperskorg

2016/09/23 12:01

ステンレスは汚れがつきにくく錆びに強くて丈夫!
ステンレスという名前は、「錆、汚れ(ステイン)」が「ない(レス)」から来ています。
キッチンのシンクはほとんどステンレスで作られているのも納得ですね。

でもキッチンのシンクと同じくらい水や油や様々な汚れがつきやすいゴミ箱は何故かプラスチック製が主流。
汚れたらせっせと洗って拭いて乾かして、数年経ったら(もしかしたら数ヶ月で)取れないシミや臭いがついたりしてボロボロになっていきます。

パペルスコルクのゴミ箱に使用しているステンレスは、エクステリアなど屋外にも使われるSUS304(18-8)を使用しています。雨や風、紫外線にさらされても錆びにくく色や質感が変化することの少ない素材です。(使用箇所によってはSUS430ステンレスも使います。)
そもそもSUS304(18-8)とは何か?
ステンレスにも色んな種類がありますが簡単に言うとその中の1つの規格名です。SUSはStainless Used Steel、304は規格品番、18-8は鉄にクロム18%ニッケル8%が入った合金と言う意味です。錆に強く磁石がくっつかないのが特徴です。

10年、20年経っても、シミや汚れは簡単なお手入れですぐに落ちますし、油や熱で変形したりすることもありません。特にキッチンで使用するゴミ箱はステンレス製が最適な素材だと考えています。
もちろんパペルスコルクのゴミ箱はスタイリッシュなデザインなのでリビングなどでもバッチリです。

長くお使いいただけるように安心の20年保証をおつけしています。